ブログ

ジャズが響く街 杜の都 仙台のライブハウス

022-215-7766
月~土 18:30~翌1:00
仙台市青葉区国分町2丁目8-12
国分町Kビル5階

  • Schedule
  • Member
  • Menu
  • Access
  • News
  • Movie
  • Gallery
  • Blog
Crosby店内の様子

Blog

 

20221114

最終話

いざ鎌倉ではなく、目指すは「伊勢神宮」

今回の最大の目的地は長年切望していた
「お伊勢参り」である。

名古屋を出発し工事渋滞等々に係りながらも
午前中に何とか到着!

さぞかし混雑しているのかと思いきや
「外宮」の駐車場にすんなりとはいることができた。
ここに車を置いて「外宮」「内宮」とバス移動すれば面倒はいらない。

お初の「伊勢神宮」
神社に所縁のある身の私としては
いささか緊張もしたが
先ずは「外宮」ということで
あまりなじみのない景色からのスタートなので
キョロキョロとまるでサッカー選手の中田英寿さながら
辺りを見回しながらの参拝。

参拝者も少なからず多からずで
マイペースでお参りすることができた。
ここでも御朱印を・・・
どうせなら「外宮」「内宮」両方揃えよう~

「外宮」参拝後バス移動で「内宮」へ

テレビで見た景色だ~!
自他ともに認める「ミーハー」の私は
「ブラタモリ」で予習した景色を思い出す。

ところで、「ミーハー」の語源を調べると
なんとも面白い。「みいちゃんはあちゃん」までは知っていたが
「みつ豆」と「長谷川一夫」にたどり着くとは知らなんだ~
興味のある方は是非ウィキってみてください。

もとい!

宇治橋を渡ると空気が違うと誰もが語るけど
残念ながら私には感じられなかった。
参拝者が多かったせいなのか
ひねくれた私の心が邪魔をするのか?
べつに・・・でした。
まあ鈍感なんだね。

五十鈴川で手を清め御正宮へと向かう
撮影禁止の階段まで来るとさすがの私でも
厳かな気分になってくる。
神々が宿るのか?
でも雑踏が邪魔をするね。
シ~ンとしていたら張り詰める空気に包まれることでしょう。
中に入れるのは天皇陛下だけとのこと。
後は神職の方
天皇陛下でも入れないところもあるそうです。

庶民であることを痛感します。

一通り参拝して身も清まり気分スッキリ
私の親父が辿ったところに来れたことを実感し
感慨深くなった。

次は「おはらい町」
「赤福」「伊勢うどん」しか知らなかったけど
お客様からの事前情報をいただいてた
「赤福かき氷」
情報なしに食べた
「うどん屋の中華そば」
「プリンソフト」
仙台七夕を彷彿とさせる人混みの中
「おかげ横丁」にも滑り込み
縁日気分最高!
食べたものみんなそれぞれに美味しくいただいてきました。

これが「お伊勢参り」なのね~

午後3時「外宮」駐車場をあとにして帰路につく。
途中渋滞に紛れたり交通情報を確認しながら
中央フリーウェイから上信越道、北関東自動車道からの
東北自動車道で仙台まで。
家についたのは午前1時半頃でした。
昼間だったら中央アルプスとかの眺めも見れたのかも
しれませんが、またの機会にということで・・・

以上がこの秋の研修旅行でございました。

研修したこと


「要予約!」

次はどこ行こうかな?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20221108

名古屋には夕方に到着
目的地のホテルにナビゲーションを使いながら
右へ左へ・・・
すると助手席のナビゲーターから
画面とは異なる情報が発せられる。

は~~~?
それは違うから、びっくりするような偽情報を言わんでくれ!
黙って乗っとけ!

ドライブあるあるでしょうか?
知らない街での楽しいドライブです。
事故には注意しましょう。

夜は知り合いと合流して
「ひつまぶし」を堪能
自分的にはうな重かな?
鯛茶のほうが好きです。

そこからのジャズライブ

老舗ということで
「SWING」
に行ってみた。

今回の旅はあくまでも研修旅行なのだ。

店の作り、スタッフの対応の仕方、お客さんの反応等々
勉強になることがたくさんだ。
仙台にはこのようなスタイルの店はない。
ないことが不思議な100万都市仙台。
まあいいか・・・

「SWING」をあとにして知人と別れ
ホテルに向かう。
途中、もう一つの目的

「手羽先」

知人に教えてもらった店に向かう。
地元の方のご意見は間違いない。
あえて店の名前は出しませんが美味かった!
店の入り口で満員御礼ということで
まもなく閉店ということだった。
ここもやっぱり予約が必要だった。
連休恐るべし。
ならばお持ち帰りは?OKでした。
コロナ禍サンキュー!と初めて思った。

ホテルに帰り明日の作戦会議。
もう一つの目的
名古屋と言えば喫茶店の
「モーニングセット」
小倉餡の乗ったトースト
朝早くに起きて向かうことにした。

翌朝、7時に起床し
目的の喫茶店にむかう。

!!!!!!

行列!
こんな朝から?
要予約?
予約かどうかはわからなかったけど
時間もなかったし並ぶの嫌いだしで
チェーン店の喫茶店で済ませてしまった。
まあ、モーニングは食べられたから良しとしよう。

それにしても旅行者だろうか?
モーニング娘の行列は50名近くいたかな?
恐るべしSNS
という私もその一人だが・・・

Crosbyもそんな店になるといいな~。

そんなこんなで最終目的地へと向かった!

つ づ く !

どこ?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20221106

小出しに引っ張ろうと思っていたのだが
意外と忙しくなってしまいこのままでは越年してしまいそうなので
さっさと進めることにします。

え~~っと・・・

金沢の近江市場を出たところからでした。

ガイドブックに主計町茶屋街というのがあって
そこを訪ねてみることにした。
車は市場の近くに置いたまま、テクテクと。

ふとしたところに興味深い看板と建物が!

「金沢蓄音機館」

ちょうど解説が始まったところだった。
たくさん並んだ蓄音機
それぞれ説明して音を聞かせてくれた。
また解説が上手で興味を引いてくれるのです。
なんでも昔は歌い手さんだったとか?
なるほどMC得意なわけですね~

最後に好みの音を全員に尋ねる解説者

偶然にも私と京子さんの好みが一致
毎日同じ音聴いてるせいかな?

昔我が家にも蓄音機があった。
メーカーとかは全く覚えてないけど
同じようなタイプのものが陳列されていた。
とっておけばよかったかな~?懐かしかった。

そこから主計町茶屋街を回り
いざ出発!

次なる目的地は

「永平寺」

台風一過で天気にも恵まれ
日本海を眺めながらのドライブ
日本海のイメージが変わるほどオーシャンブルーの
奇麗な海でした。
海から山へ方向転換
「永平寺」は山の中でした。

曹洞宗の総本山
大木が生い茂る静寂の森
空気が美味しく感じられた。
参拝し、御朱印をいただいてその場をあとにした。

御朱印・・・
集めてみようかな?

さて、お次は名古屋!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20221016

近江市場は朝から混んでいた。
と言っても9時過ぎだけど・・・

人気のすし店だろうか?もう行列!

肉、野菜、そしてお魚。
お目当てはのどぐろ。
別に買うわけではないのだけれど
そのお姿を拝見したかったのだ。

なるほど「のどぐろ」なのね~
身体は赤いけど口の中が真っ黒だった。

どこのお寿司屋も並んでいた。
仕方ないのでちょっと我慢。
すべては「のどぐろ」食べたさに・・・
朝から食い意地が張っている私です。

お寿司のセットの中に
刺身と炙りが入っている。

先ずは刺身のほうから。
白身でだけど脂がのっていて旨い。
炙りは?
脂が落ちて旨味が出てきた。
炙りのほうが私の好みかな?

ちゃっちゃと食べ終えると
市場内をウロウロ

焼「のどぐろ」!

食べたかったのよ、これを~

魚介をその場で焼いて目の前の椅子に座って食べる
市場によくあるスタイル。
いただきました。
ん~~!
これも美味いね。
でも脂っこいな。
30代までならウエルカムだったけど
一平らげるのがやっとこさでした。

ふと辺りを見ると
NHKの取材班が隣にいた家族にインタビュー
していた。
テレビカメラも・・・
私はその後ろで「のどぐろ」むさぼってる。
金沢ローカルかもしれないけど
夕方のニュースで映り込んでるかもしれない。
・・・「むさぼって」いたのに~

美味しい「のどぐろ」
また会おうね~

金沢の街をもう少しブラブラ

つづきはまた~
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20221010

旅行記の続きを・・・

夜の片町は凄い人出だった。
友達に聞いていた店に行っても予約なしでは
入れなかった。
他の主な路面店は要予約らしい。
どこもいっぱいでご飯にありつけない。

そんな時ふと小さな看板を頼りに狭いビルの入り口を
入ってみた。
カウンター5名位の小さな居酒屋?
ご主人が一人できりもりしているようだ。
美味しいお魚、郷土料理を食べたいと思っていたのだが
諦めてお腹を満たすことだけにした。
親方お任せセットがあり、それを頼んだ。
小鉢が五品ほど出てきた。それにご飯も頼んだが、
ご飯のおかずにはちょっと...
壁のお品書きに「だし巻き卵」があったので注文したら
卵がないとのこと。ちょっと買ってきましょうか?
というので、イヤイヤ結構です。
連休で市場も休みだったので何もないって。

今時は予約なしではご飯も食べられないのだと
勉強した。
どおりで、Crosbyにも予約の問い合わせが多くなったわげだ。
ひとえにSNSの発達の賜物なのか...

翌日は近江市場で今夜のリベンジを果たすことにした。

つづく...
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

▲このページの先頭へ