ブログ

ジャズが響く街 杜の都 仙台のライブハウス

022-215-7766
月~土 18:30~翌1:00
仙台市青葉区国分町2丁目8-12
国分町Kビル5階

  • Schedule
  • Member
  • Menu
  • Access
  • News
  • Movie
  • Gallery
  • Blog
Crosby店内の様子

Blog

 

20240605

10623571_668662703240280_2710894112726053607_oCUT2.jpg
「桃瀬茉莉」さんがやってきます。
昨年11月以来半年ぶりですね。
彼女の演奏を聴いて思うこと・・・

しっかりしたタッチとダイナミクスの幅広さ
見た目とは裏腹な音楽に向かう真摯な姿勢

オリジナル楽曲も情感あふれる景色が目に浮かぶ曲が多い

「見た目」の話をしたが、小さくてキュートでかわいいのだ。
海外に行ったら子ども扱いされるに違いない。
まるで妖精のようだといつも思う。
だがしかし、内に秘めたる根性はそんじょそこらの野郎どもには
負けないものを持っている! と思う。

本人に学生時代の話を聞いたことがある。

音大のピアノの授業でさんざん叱咤され
悔し涙をこらえつつ必死に練習に励んだそうだ。

そういうのを乗り越えた人ってやっぱり強いよね。
もう何年もご一緒しているけど「弱音」を吐いてるのを聞いたことがない。
愚痴の一つもない。
いつもニコニコしてる。
気持ちに余裕があるのかな?

もちろん今でも葛藤はあると思うんだけど
表に出さないんだね。
見た目とのギャップに萌えますね(笑)

2024年6月21日金曜日
今からなら予定も作れませんか?
一緒に萌えましょう~
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20240517

飯沼五洋B5.jpg
「飯沼五洋」
彼もまた東北大学出身のピアニストだ。
彼と私は2学年違いで私の方が上

20代前半頃だったかな?
国分町に「チャイハナ」というJAZZ BARがあって
夜な夜なバンドマンのセッションが行われていた。
当時私はテナーサックスの師匠につれられて
よく通ったものだ。
そこには辛口のマスターや常連客がいて
若いミュージシャンに叱咤激励を浴びせるという
まさに「虎の穴」のような場所であった。

そこで知り合ったのが飯沼君である。
彼はその頃からすごく上手くて
センスが良くてかっこよかった。

歳も近かったので意気投合し
セッションしたり遊びに行ったりの日々であった。
ビリヤードの腕は私の方が少し上手で
彼は悔しがってよく誘われたものだ(笑)

その後彼は上京し「原信夫とシャープスアンドフラッツ」のメンバーになったり
いつのまにか渡米していたりと
しばらくは縁遠くなっていたのだが
私が「下堀福男ビッグバンド」に呼ばれて
銀座でのライブ会場に行ったときに
彼がピアニストでいて共演することとなった。
その後も何度かそのバンドでご一緒したのだが、
コロナの影響でそのバンドのライブもしばらくお休みしている。

その後、彼が帰郷するときにCrosbyに立ち寄ってくれたりはしていた。
でもなかなかじっくり演奏を共にすることがなかったのだが、
今日2024年5月17日
彼をゲストで迎えたっぷりと相まみえることができるのだ。
この話が決まったときから
ワクワクが止まらない自分でいた。
実に楽しみ。

Crosbyのお客様にもぜひ聞いていただきたい彼の演奏
是非!お待ちしています。
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20240516


モヒートはじめました2023-2.jpg
さてさて、皆様お待ちかね!
Crosby特製「モヒート」の提供を始めました!
今年も連休明けからミントの成長が著しく
美味しいモヒートが呑めますよ。
梅雨入り前に爽やかモヒートをどうぞ!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20240301

Happy Anniversary of Crosby !

本日3月1日はCrosbyオープン記念日です。

1992年開店以来32年が経ちました。

32年ともなるとこの間にいったい何人の方が

この店に足を踏み入れたのだろう?とふと思いました。

スタッフを含めて1日平均5名として、年間300日

それで32年で計算すると延べ48,000人

あくまで机上の概算ですが、実際は最初の20年は

年末年始休業だけだし、コロナで休業もあったし

震災もあって1月営業できなかった時もありました。

話半分にしても数万人がこのCrosbyの扉をくぐったことには間違いありません。

なんかすごい歴史を感じます。

これからもず~~~~と続いていくだろうこのCrosbyというお店

代々繋いでほしいものですね。

もちろん私はまだまだやるつもりですが・・・


そんなわけで今日3月1日と明日2日は

「Crosby the32nd Anniversary Party 」と題して

盛大にお誕生会をしたいと思います。

目玉はボトル半額!

銘柄は「JackDaniel's」と「Dewar's12」の2種類。

普段、税込¥8,800のところ¥4,400にて提供いたします。

これを機会にボトルキーパーになって

Crosby常連さんの仲間入りなんていかがでしょう?

とにかく「Crosby the32nd Anniversary Party 」でお待ちしてます!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20240227

1992年3月のオープン以来皆様に愛され続けで32年

おかげさまで今週32周年を迎えることができます。

3月1日2日は「Crosby The32nd Anniversary Special days」

と題しまして普段よりメンバーを増やした形で賑やかにパーティーを

開きたいと思います。

2ndオーナーとしてバトンを受け取ってから干支的に一回りしました。

辰年に始まり丸12年が過ぎ新たに辰年を迎えました。

コロナのこの4年は時間の感覚がマヒしてしまい

今となっては何が起こったのか?何をしてきたのか?

よくわかりませんが、32周年を迎えます。

コロナを乗り越えられたのは

大切に温かく見守ってくださったお客様

厳しい条件で付いてきてくれたバンドのメンバー

ホールスタッフ、皆様のご支援に深謝いたします。

それに行政の支援もありがたかったですね。

皆様、本当にありがとうございました。

何とかつないだバトンです。

これから先33年目に向かいなお一層精進し

素敵な空間つくりを目指していきたいと思います。

3月18日は「The32nd Anniversary Special Live」として

JazzSingerの中本マリさんを迎えて

32周年に花を添えていただきます。

仙台出身の彼女にはいろいろ聞いてみたいことがあるのですが

まずはライブを楽しみにしたいと思います。

ぜひ皆さんもいらしてください。

すばらしいJazzの世界を御堪能ください。

これからもCrosbyをどうぞご贔屓に

よろしくお願いいたします。
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

▲このページの先頭へ