ブログ

ジャズが響く街 杜の都 仙台のライブハウス

022-215-7766
月~土 18:30~翌1:00
仙台市青葉区国分町2丁目8-12
国分町Kビル5階

  • Schedule
  • Member
  • Menu
  • Access
  • News
  • Movie
  • Gallery
  • Blog
Crosby店内の様子

Blog

 
日々のあれこれ アーカイブ

20190311

忘れられない日

朝からいろいろと報道番組が・・・

1000年後の人たちはちゃんと覚えていてくれるだろうか?
街づくりはうまくできているのだろうか?

地震や津波は繰り返し起こるのだろう。

備えあれば憂いなし。
どこまで備えればよいのかがわかりません。
何が起こるのかがわからないのですから。

沢山の犠牲のもとに教えてくれたことを
とりあえずは学習していこう。
後の世に伝えていこう。
生かされた者の宿題だと思う。

いろいろ考えながら合掌。

凄く良い。伝わります。同感。

コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190308

年度末は何かとあわただしいものだ。
私のような自営業者は転勤など無関係だが
会社や役所にお勤めの方はそろそろ辞令などが出ているのだろうか?
知らない街で誰も知らない人たちとの新しい仕事。
不安と期待でいっぱいではないのかな?

こう見えて自分は人見知りをするので、
中学に入った時とか、高校に入った時などは
毎日が緊張の連続だった。
今でも初めてのお客さんに声をかけるまで
だいぶ時間を要します。
転勤などということになったら仕事できるのかな?

初めての街には興味があります。
仕事でいろいろなところに行けるのはいいですね。
自分もいろんなところには行かせてもらいましたが、
なにしろドア・トゥー・ドアで会場に缶詰めだったりするし、
日帰りだったりなので街歩きを楽しむことはあまりなかった。
宿泊の時は若干ありましたがね~
先輩諸氏に御案内いただきました。

なのでその街で生活することはありませんでした。
仙台以外で暮らしたことはありません。
井の中の蛙です。
だからなのか旅は好きです。
テレビの旅番組も好きですね。
「ブラタモリ」なんて欠かさず見てます。
「ぶらり途中下車の旅」なんかも・・・
昔でいうなら
「兼高かおる世界の旅」はよく見ていた。
「素晴らしい世界旅行」なんてのもありましたね。

学校や、就職、転勤で仙台を離れる方
どうぞお元気で!
新天地でのご活躍をお祈りしています。

そして仙台に来られる方
仙台にはこんな素敵なJazzBarがあるんですよ。

「Crosby」
是非一度覗きに来てください。
お待ちしております。
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190307

昨日とは打って変わり、冷たい雨が寒さを引き戻しています。
三寒四温、春はまだもう少し先かな?
でも、梅は開花したようですね。
この時期、卒業式、受験、移動からの引っ越し。
そして、確定申告!
毎年ネタにしてますが、今年もこれから格闘深刻!
小さな領収証との戦いの日々が始まります。
年中行事のひとつです。
それさえ終わればいよいよ春到来~

桜も咲いてお花見・・・
その先には10連休が待っている。
私は休みませんけど・・・!

皆さんはどんな計画を立てているのでしょうね~?

海外にでも行きますか?

そうだ、Crosby連休企画でもたてましょうかね?
何しようかな?

旅行客にも来てもらいたいですね~
もちろん仙台居残り部隊の方々にも。
お仕事お疲れさんの方にも・・・

アイディアは浮かぶけど形にどうするのか?

おっと、まずは確定申告!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190306

今年もやってきます。
世界のJAZZ 界のレジェンド
「ルー・タバキン」

よほどお気に召したのか、今回で4年連続の登場。
日本ツアーの時は必ずCrosbyもその中に入れてくれてます。

ルーさん、御年78歳
がっちりとした体格で胸板も厚い。
背丈は私と同じくらいだろうか?
歩き方もしっかりとしていて全然年齢を感じさせない。
もちろん楽器からでてくる音質音量も決して衰えたりはしていない。
若い頃の音はよく覚えていないけど。

30年以上前に「トシコ&タバキン・ビッグバンド」の演奏を聴きに行ったことがあり、
15年くらい前にはご夫妻のデュオのコンサートを聴きに行ったことがあった。
広い会場だったので、マイクを通した音で聞いたのだった。
生音で、しかもこれだけ近くで聞くことはなかった。
だから本当の音はよくわからなかったのだ。
ルーさんは今よりは少しスリムだったかな?
動きも激しかったように記憶してます。

若さの秘訣というか、今でもトレーニングをしているそうで、
毎朝500回の腹筋運動を続けているそうです。
腹筋500回などと聞くと私には無理って思うけど
どういうやり方なのかはわかりません。
でも、どうあれ鍛えていることに変わりはないので
やっぱり私はやっていないことです。
管楽器ということで体力も必要なのでしょうね~
尊敬します。

少し早いのですが、チケット販売始めました。
まだお聞きになった事の無いかたには
特におすすめです。

20190909ルータバキン.jpg
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190305

Crosby土曜日レギュラーの高見良蔵さん。
お誕生日が2月29日
そうです、うるう年にしか来ない日なのです。
近代オリンピック夏の大会の行われる年ですね。
次は来年。
18回目の誕生日ですかね?

そんな私もうるう年生まれ。
ローマ大会の時のようです。
覚えてませんけど、調べてみました。
ちなみに高見さんはロンドン大会でした。
ロンドンは3回も開催されてるんですね~?

NHKの大河ドラマもオリンピックが舞台
来年の東京オリンピックに期待が膨らみますね。
選手の皆さんは大変な時でしょう。
頑張ってくださいね。

オリンピックに話が行きましたが
誕生日に戻します。

今月16日土曜日に来店します
マンスリーゲストの「佐々木優花」さん。
3月15日が誕生日
その前の週は私が誕生日。
なんとこのトリオは全員「うお座」です。

ちなみに水曜日レギュラーのヴィクトリアも
うお座でした。

私の好きなギタリストの
「ラリーカールトン」もです。

うお座の皆さんまとめておめでとうございます。
13日あたりにパーティーしましょうかね?
うお座集合!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190304

先週金曜日3月1日はCrosbyの27回目の誕生日でした。
フェイスブックに写真などをアップしましたが、
沢山の方から「イイネ!」をいただき
大変ありがたく思い、またCrosbyに対する皆様の
想いに喜びと責任を感じました。
これからも精進していきます。
どうもありがとうございます。

写真にケーキが写っていましたが
あれはなんと金曜日メンバーの
青木君と岸川君からの物でした。
うれしいね~
素敵な後輩をもって幸せです。
これからもよろしくね。
来週は誕生日だから・・・

同級生が花束を持ってきてくれました。
よく似ているといわれる同級生。
よく見たら似てはいないのですが
雰囲気ですかね?
同い年だし背格好も似た感じなのでしょうか?
彼はギターの弾き語りを渋い声でやっています。
あちこちで見かけることもあるかもですよ~

さあ、28年目に突入したCrosby
今年も素敵なゲストの登場が決まってきました。

7月26日は「中村達也」さん
私がCrosbyを引き継いでから毎年来てくれています。
ことしはピアノにおなじみの「千葉岳洋」君が加入。
パワーアップしてくることでしょう~

そして世界のレジェンド「ルー・タバキン」さんは
9月9日
こちらも4年連続での登場です。
くしくも定禅寺ジャズフェスの翌日
仙台がJAZZづく三日間になることでしょう。
ぜひ本物の音を感じてください。

春と秋には恒例となりました「Crosby管まつり」
も開催予定です。
日程はもう少しお待ちください。

いろいろ楽しめる「Crosby」になりますよ~
お楽しみに・・・!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190301

本日3月1日はCrosby開店記念日です。
1992年開店以来27年たちました。

今日まで27年間営業してこられたのは
ひとえにお客様、ミュージシャン、スタッフの皆様の
おかげと深く感謝いたしております。

本当にありがとうございます。

今後もまだまだ続けてまいる所存ですので
何卒ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


さて、私村上が引き継いでからも7年が過ぎました。
誰もが予想しなかったことでしょう。
半年でダメになると思った方々もいらしたと聞きます。
無理もありません。Barの経営などずぶの素人でしたから。
今日があるのが自分でも信じられないほどです。
山あり谷ありはいずこの世界も一緒でしょう。
人生も・・・
一人の力ではできなかったことです。
私を支えてくれたすべての方に
「Verry Special Thanks to All 」
これからもよろしくお願いします。

そんなわけで今年のAnnibersaryは今日1日だけの
スペシャルなライブ。
感謝の気持ちを精一杯音に出して届けます。
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190226

3月1日はCrosby生誕の日です。
今年もその日はSpecial Liveと銘打って
にぎやかにやりたいと思います。

金曜日なのでいつもの金曜レギュラーで
おおくりする予定ですが
さて、何が出てくるのでしょう?
「オールリクエストタイム」
なんていうのもいいですね~
何しろ何でもやってしまうトリオなので
なんでも受けて立つ用意はしています。

と、いつも言いながらお応えできなかったりしてますけどね~

あまり大ぶろしきは広げないことにしましょう。


このCrosbyですが、1992年オープンですので
満27歳を迎えるのです。
先代の千葉オーナーから
私が引き継いでもう7年になります。
無我夢中で日々をこなしてきました。
振り返れば7年。
すべての人に支えられてのことと
深く感謝の気持ちでいっぱいです。

まあ、御挨拶は当日においておきますが、
気持ちはいつも変わりません。

これからも末永く「Crosby」を
よろしくお願いいたします。

コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190221

バックカントリースキーというのがある。
最近お客様に教えていただいた。

私自身はスキーはやりません。
ウィンタースポーツは苦手です。
寒い時はこたつで丸くなるタイプです。

で、何かというと・・・
ゲレンデじゃないところを滑るらしいのです。
クロスカントリーのような?
山の中を滑るのだそうです。
もちろん雪深い中をです。
一面真っ白で、急に崖が現れたり
大きなくぼみに落ちて這い上がるのに苦労
したりするんだそうです。

先日ニュースでバックカントリースキーで
行方不明になったスキーヤーのことを
報道していました。

一人で滑るときはGPSの装置とか
持っていくのだそうですがその後どうなったのでしょうね?

これを教えてくれたお客様は一人で毎日のように
あちこちの山を滑走しているそうです。
雪が降ると楽しそうです。

しばらくお見えになってませんが、
まさか・・・

ニュースになってないので心配はいらないのかな?
怪我でもなさったかな?

なんか、命がけのスキーって感じですね。
だから面白いのでしょうね。

あたしゃ~球技の方がいいな~
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20190218

時の流れが早いと思うのは常なのですが、
最近気が付くと日が長くなっている。
12月は午後4時半にもなると暗くなり始めて
5時には真っ暗だったけど
最近は5時でも明るい。
日々長くはなっているから気が付かないけど
ちょっと振り返ると気づく。

毎日生きているから全然歳を取っていることを
気にしないけど、若い頃を思い起こすと
確実に衰えている自分に気づく。

逆に、日々演奏している自分が上達しないと
悩んでいるけど、10年前の自分に比べたら
少しは上手になっているのではないかと思う。

前ばかり見てきたけど
時々は振り返ってみることも大事だね。
そしてまた前を向いて歩きだす。
方向修正しながら。

この時期いつもあわただしく気忙しい。
ちょっとギアチェンジして頑張ろう。

もうすぐCrosbyの誕生日だ。
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

▲このページの先頭へ