ブログ

ジャズが響く街 杜の都 仙台のライブハウス

022-215-7766
月~土 18:30~翌1:00
仙台市青葉区国分町2丁目8-12
国分町Kビル5階

  • Schedule
  • Member
  • Menu
  • Access
  • News
  • Movie
  • Gallery
  • Blog
Crosby店内の様子

Blog

 
日々のあれこれ アーカイブ

20180803

<チャリティーライブストーリー つづき>

小雨まじりの神戸に着いたのは昼前
葬儀の前に勝っちゃんに会うことができた。
エリーさんたちは私にびっくりしていたが、
来てしまった。
多くの参列者に勝っちゃんの人柄を垣間見た気がした。

2012年に私はCrosbyを引き継いだ。
Jazz Bar の経営という初めてのことに
悪戦苦闘し日々が過ぎて行った。
エリースとは時折FBを通してお互いに連絡しあい
交流は続いていた。

そんな折、格安飛行機会社が就航し
関西が近くなった。

2014年2月久々のエリースへ。
皆さん元気にお店をやられていた。
一時は店の存続も心配した私だったが
余計な心配だった。
チャリティーライブのビデオを編集して
エリーさんに渡していたのだが、ようやくそれも見ることが
できるようになったと・・・

「仙台に来ませんか?」
とお誘いしてみた。
航空運賃の話をしたらそれなら可能かも?

半年後エリース御一行様の来仙が実現した。

つづく

今夜のCrosbyは
Ds 熊谷清記 Bs 青木大志と私のトリオです。
お久しぶりの熊谷さん
盛り上がっていきましょう!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180802

今日はサウンドスペース毎年恒例の
郡山市の采女祭りのちびっ子のど自慢
の演奏で一日中炎天下です!
もう20年以上やってるかな?
長寿イベントですね。
これをやらないと夏が来た気がしないです。

〈チャリティーライブ ストーリー 〉続き

神戸ライブからひと月ほど過ぎたある日
Crosbyに一本の電話が入った。
当時はまだ演奏者としての所属だったので
毎日は入ってなかったのだが、その日は出番で
ちょうど店に入ったところだった。
電話は神戸からだった。
変わって出た受話器からは信じられない内容の
話が聞こえてきた。
それは勝浦さんの訃報だった。
体が震えた。
神戸ライブ後メールのやり取りをしていて
少し体調崩して入院していたとは聞いてはいたが、
どうしてそんな急に言われても...

Crosbyを終えると神戸に向かって走り出した。

続きはまた明日〜

今夜はTp 沢野 Pf 岡本 
そしてGtは高見さんです。
私は采女祭りが終わってからCrosbyに駆けつけるかな?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180801

ライブ終了後勝浦さんは
「神戸で一番から揚げのうまい店や。」
といってエリースから三宮方面に少し下った交差点の
「龍虎」という中華屋さんに連れて来てくれた。
から揚げ好きの私も納得の美味しさ。
ビールに良くあった。
そこを引き上げると今度は
「神戸で一番メジャーな奴の店に行こう!」
とすぐ隣のビルの階段へ・・・
ドアを開いて中に入ると、道路側はガラスの壁
外が丸見え。
正面にはステージがある。
丸テーブルがいくつかありお客さんでにぎわっていた。

スキンヘッドに白いひげを蓄えた
これまた見た目外人さんのような?体格のいいオーナーが
勝浦さんにあいさつに。
旧知の間らしい。
紹介された。彼はなんと
「ルパン3世」のエンディングテーマを唄った
チャーリー・コーセーさんだった。
「足~~もとに~~か~ら~みつく~
白い~波を~~蹴って~
・・・・・
ワルサ-P38~この手の中に~・・・」
っていう歌だ。
ルパン好きの私だ。
知らないわけがない。

ステージが始まるとチャーリーさんは
「今年500回目です~」
とお決まりの冗談をとばすと
ルパン3世をギター片手に弾き語り。
超かっこよかった。
他にもビリージョエルの曲とかいろいろ・・・
こんな人が普通にいるんだなとこの町の奥深さに
感激した夜だった。

チャーリーさんを交えて今回のライブの話や、
震災のこと等を語り合った。
我々ミュージシャンとしても何か社会貢献
できたらいいね~
そして、仙台と神戸と一緒に何かできたらいいなと・・・

帰り際、勝浦さんは私をハグして
「のり!やっぱりお前は熱いやつやったな~」
といって別れた。

つづく

さて今夜のCrosbyは
Vo ヴィクトリア Gt 那須尚平そして私。
那須君とは来週一週間一緒にお仕事ですが、
今夜はCrosbyで前哨戦といきますか?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180731

長く感じた七月も今日で終わり。
七月の最後のあがきか?
記録を作って後世に残そうとでも思っているかのように
夏日だ!夏らしい天気だ。
熱中症にご注意を・・・

東日本大震災の被災者は高速道路の料金が免除されていた。
途中で料金所を通過することなく神戸に行くために
北陸経由で関西に向かった。
初めてのロングドライブだ。

以前に仕事で東北地方はすべて走破していた。
仙台~三沢日帰りコースなんてのはお手の物だった。
北のはずれの大間町までも行きましたよ。

別にトラックの運転をしていたわけではありません。
サウンドスペースで演奏のお仕事で
あちこちにビータ(旅)してました。
最近はほとんどなくなりましたが・・・
なので、運転は好きだし苦になりません。
880kmほどの楽しいドライブでしたが
さすがに少し疲れました。

翌2011年10月7日
二度目いや、三度目の「Ellie's」へは
迷子になることなく到着。
そうです、約束のチャリティーライブに来ました。
ライブは私の挨拶からということで、
震災の時の話や、仙台の現況や、神戸の皆さんへの感謝の気持ち
等を伝えた。
堅苦しいのは苦手なのでそこは早々に切り上げて
演奏の始まり~
エリーさんの歌はもちろん
セッションデーということもありアマチュアの方々が
次々とステージに昇った。
それがみんな上手!
クラプトンを唄う初老の女性とか
ちょっとしたカルチャーショックを覚えました。
みんな楽しんでいるのがとても素敵だった。
チャリティーライブは大成功に終演した。

続く

今夜のCrosbyは
Vo 池田恵利 Bs 﨑村達也そして私です。
今月の締めくくり、暑さに負けない演奏します。
暑さに逆らって涼しい顔してさわやかにボサノバでも
お送りしましょうかね?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180730

自然が荒れ狂って人工物を破壊する。
人まで襲い掛かってまるで怪獣のようだ。
怪獣は正義の味方がやっつけてくれるが、
自然の猛威にかなうものはない。
被災なされた方々にお見舞い申し上げます。

では、ここからは連載ノンフィクション
「チャリティーライブストーリー」Epi.3を・・・


昨夜のお誘いに甘んじてその扉を開いた。
照れ臭かったが、また来ましたと御挨拶。
ホントにギターを用意してくれていた。
早速ステージに呼ばれセッション!
お客さんにも紹介されメンバーの一人みたい。
エリーさんの歌う曲はよく知っているものばかりだったので
楽しく演奏することができた。

仙台に戻っても、この貴重な体験は
いつも自分の励みとなって
その後の演奏活動を支えてくれることになる。

半年が過ぎた頃、その日はやってきた。
震度7 ありえない惨劇が東日本を襲った。
一か月ほどの空転
途方に暮れ、先の見えない日々が続いた。

そんなある日一通のメールが届いた。
なんと神戸の勝浦さん。
そう、エリーさんのご主人だった。

半年前にちょっと遊んだだけの
一人のギター弾きを覚えてくれていた。
そして、安否を気遣ってのメール。
とてもありがたかった。

それからひと月ほどするとまたメール。
「その後いかがですか?」
神戸で震災を経験した方の
経験からくる時系列での安否確認。
私は大丈夫。
元気でいます。と返信。
メールのやり取りで
神戸の店ではチャリティーBOXを設置したり
チャリティーライブを開催してくれているのを知った。
何とも人情味にあふれる方々だろう。
落ち着いたら私もそれに参加します!
そう言って半年後のチャリティーライブを行うこととなった。

今日はここまで
to be continued !

今夜のCrosbyは
Pf 千葉岳洋と私。そしてVo ジュディスは後半のステージから登場します。
最近中本マリさんとの共演で歌伴に磨きをかけてる千葉君の
演奏にご注目を!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180728

今日は青空一つない曇り空。
涼しすぎて寒いくらい。
居心地良くてすみません。

さっそくチャリティーライブ ストーリーの続きを・・・


扉を開けて中を見ると
正面にはスクリーンがあり映像が映し出されている。
壁にはブルーのライトがともり
ミュージシャンの似顔絵が飾ってある。
グランドピアノ、ドラム、コントラバス。
楽器もすぐに目に飛び込んできた。

おしゃれな空間だ。

飲み物を頼むとほどなくステージが始まる。
リクエストカードとファイルがある。
大好きな曲のオンパレードだ。
「Everything must change 」をリクエストカードに書いて
お店の方に渡した。

外人さんかと思える女性が歌い始めた。
「エリーさん」とのファーストコンタクトだ。
MCが始まったら関西弁。
???
神戸生まれ育ちらしい。
心に響くその歌は私のハートをノックアウト
鳥肌物でした。

ステージが終わるとエリーさんは
テーブルに来てくれて
「どちらからいらしたんですか?」
から、いろいろお話してくれた。
先ほどステージでベースを弾いてたのは
実はご主人でドラムをたたいていたのは息子さん!
ピアノの方だけは毎日違う方が入られていた。

私がギターを弾くのだと話をしたら
ご主人が、「明日もいるなら遊びにおいで。
ギター用意しておくから~」
なんともうれしいお誘い。
翌日いそいそと足を運ぶのだった。

今日はここまでにしとこうかね・・・

さて今夜のCrosbyは
Gt 高見良蔵さんと私のギターデュオです。
お天気もつかな?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180727

蝉が鳴いていた。ヨシヨシ。

10月に行うチャリティーライブについて
少しずつ書いていこうと思います。

20181008KOBE MEETS SENDAI--Ver2.jpg
そもそものきっかけからお伝えしましょう。

さかのぼること8年前。
私は初めて関西方面に遊びに行きました。
伊丹空港から最初に向かったのは
甲子園球場でした。
夏の大会決勝の翌日でした。
誰もいないでっかい球場のバックスクリーンに出られて
グランドに思いを馳せたりしました。
それから大阪を経由して神戸に向かった。

神戸と言ったらJazzの街。
老舗と呼ばれる店を探して「SONE」に行った。
重厚感のあるいわゆる老舗だぞ!
って感じでした。
ピアノトリオと女性ヴォーカルでした。
選曲がいいなと思った。

ステージが早めに終わったのでもう一軒くらい
行きたいと思い北野坂を上った。
ほどなく交差点のビルの看板に目をやると
たくさんのライブハウスが入っていた。
地下への階段が私を導いた。
降りてすぐの店、それが「Ellie's」だった。

今日はここらでよかかね?
(続く)

今夜のCrosbyは
Pf 千葉岳洋 Bs 青木大志(森木啓太君が前半代打で登場します。)Ds 岸川雅裕そして私。
先月のジャズプロムナード以来の千葉君。
東京での活動が忙しくてなかなかCrosbyに来れなくなりましたが
今日は存分にはじけてもらいましょう。
大汗かきますよ~!
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180726

ブログを書き続けていると
以前に書いたかどうか忘れて同じ内容を
また書いてしまったりする。
今年の夏の暑さについても何度も書いてきた。

でも、また書きます。
ま~だ、7月なんですね。
先週の暑さから若干和らいできて
お盆の後のような天気(個人の感想です。)

暑さのせいなのかこの7月は
とても長く感じてます。
来月になったらどう思うのでしょうね?

また暑い日々が続くのか?
一転冷夏のようになるのか?
昨年は7月前半は暑かったけど
結局梅雨明けしないで雨ばかりの日々でした。

雨が降れば降ったで夏がないとか、
暑けりゃ暑いでもうたくさんだとか~
両極端だからですよね。
何事も適度なところで・・・

さて、今夜のCrosbyは
Tp 沢野源裕 Pf 岡本優子と私のトリオです。
Jazzy な一夜を涼しく過ごしましょう~
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180725

かき氷

最近のかき氷はふわふわで口どけが早い。

シロップもろんなフルーツだったり、木の実だったり・・・
果実も乗ってる。

器もおしゃれだ。

さて、自分の子供のころのかき氷と言ったら?

イチゴ、レモン、メロン、あずき
ちょっと贅沢してそれぞれにミルクのトッピング。
あずきミルクは最高峰だった。
いまは金時?
ほにゃらら金時?
うんにゃあ、あずきですよ!
あずきと呼んで~

器と言ったらこれ!
かき氷器.jpg
この縁取りの乳白色が定番でした。
この器をかき氷以外で使っているのを見たことは
ありません。

家庭用のかき氷器
レトロな話ばかりですがお付き合い願いたい。
実は、誰に聞いても知らないという氷削り器があるのです。
私の家にはあったのです。

ハンディータイプの鉋(かんな)みたいなもので、
原理はかんなと同じで氷の上を滑らせて削ります。
削られた氷は本体内部にたまり
上半分のふたを開けて氷を取り出す仕組みです。
形をいうとパソコンのマウスを少し大きくした形です。

どなたかご存知の方いませんかね?
昭和30~40年代前半の話です。
誰に聞いても知らないので自分が遠い星から来た人みたいになってます。
誰か助けて~

さて、今夜のCrosbyは
Vo ヴィクトリア Bs 崎村達也そして私
ロシアの氷削り器はどんなんかな?
いまどきだから電動式です・・なんてね?
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

20180724

20180817理慧.jpg
卒業してもなお人気の高い「安達理慧」
今年も帰ってきます。里帰りライブ。
今回からドラマ「北の国から」風に
「2018 夏」と題してお送りしようと思います。
サブタイトルはないけど・・・
次回から考えます。

実は彼女とは面白い縁でして・・・
彼女の生まれ育ったところが私の実家のすぐ近く。
野球で言うならファーストベースからセカンドベースまでの距離
測ったことはないけれど、たぶんそのくらい。
高校時代なら5秒もかからなかった距離です。
私が実家にいたころに彼女は両親のお店の中で歌を唄っていたそうな。
近所でも評判の八百屋さんでした。
あいにくその光景を見ることはなかったのですが、
私は20代後半、彼女は幼稚園?
娘みたいなものですね。

そんな娘も嫁に行ってもう何年だろう?
10年なるかな?
毎年聞いてるような気がするな~~
今年も聞いておこう。
聞いたらメモしておこう。
いよいよサマジーだね。

今夜のCrosbyは
Vo 池田恵利 Bs 崎村達也と私のトリオです。
熱帯夜をクールにジャジーに・・・
コメントする
コメント入力フォーム 入力必須

▲このページの先頭へ